2018/07/26 17:00

男性でも女性でもない。“中性”で生きることとは?

(C)ザ・ファクトリー

7月28日から公開される『性別が、ない! インターセックス漫画家のクィアな日々』は、セクシュアリティについて悩む若者たちから支持を得ている漫画家を追ったドキュメンタリー映画。男性でも、女性でもなく、LGBTにもちょっと当てはまらない「インターセックス」にスポットを当てている。

男でも女でもない「インターセックス」とは?

まず、「インターセックス」という言葉を、初めて目にする人も少なくないだろう。

本作の公式サイトには、こう記されている。

“インターセックスとは、医学的には性分化疾患(DSD)と呼ばれる。男女どちらかで統一される性器や性腺、染色体の性別があいまいだったり一致しなかったりする疾患。性自認は男・女とはっきりしている人もいるが、新井のようにどちらでもない『中性』を選ぶ人もいる”(映画『性別が、ない! インターセックス漫画家のクィアな日々』公式サイトより)

本作の主人公である漫画家の新井祥は、30歳まで女性として暮らしてきたが、染色体検査でインターセックスと判明。現在は男性でも女性でもない「中性」として生活している。自らの体験を綴ったエッセイ漫画『性別が、ない!』は、同じような境遇の人々から熱烈な支持を集めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >