2018/08/14 07:00

藤井七段は想定外!映画界に押し寄せる「将棋」の波

脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化する『泣き虫しょったんの奇跡』(9月7日公開)。先日おこなわれた完成披露試写会で、主人公を演じる松田龍平が、初めは非常に将棋が弱かったが特訓によって上達し、今ではプライベートでもハマっていると、共演者の新井浩文から明かされた。

松田のみならず、全国で空前の“将棋ブーム”が到来中だ。7月31日には、高校生棋士の藤井聡太七段が、史上最年少・勝率歴代1位タイで通算100局目を迎えたことも話題となったが、その波は映画界にも押し寄せている。

3人の名優が演じた将棋界の伝説

2017年に人気将棋マンガを実写映画化した『3月のライオン』。主人公の零を神木隆之介が、零を慕う二海堂晴信を染谷将太が演じた同作。染谷が特殊メイクで二海堂の「むっちり体型」を再現したことも話題となったが、その二海堂のモデルとされているのが、実在した棋士、村山聖九段。

村山九段は幼い頃から体が弱く、対局中に体調を崩すこともあったものの、羽生善治竜王と並んで「東の羽生、西の村山」と言われるほどの実力の持ち主だった。生まれつき体が弱いながらも、将棋に対しては誰より熱い思いを抱く二海堂晴信とまさに同じだ。ちなみに、藤井聡太七段が『3月のライオン』で一番好きなキャラクターも二海堂だという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >