2018/08/15 07:00

二宮和也と互角に渡り合う超個性派、酒向芳の「地獄の包容力」

(C)2018 TOHO/JStorm

木村拓哉と二宮和也の初顔合わせで話題沸騰の映画『検察側の罪人』(8月24日より公開)。もちろん、両者の演技合戦は本作最大の見どころだが、百戦錬磨の個性派がズラリと揃い、鉄壁の脇を固めている点も逃せない。

中でも注目は、物語のキーマンとなる被疑者・松倉重生役の酒向芳(さこう・よし)。一度見たら忘れることのできない存在感。観る者の深層心理を逆撫でするような振る舞い。オーラも、演技の強度も、ハンパない。映画ファンなら、例えばかつて『セブン』(1995年)の犯人役でセンセーションを巻き起こしたケビン・スペイシーを思い起こすかもしれない。

映画を沸騰させ、導火線に火を点ける

本作で監督を務めた原田眞人は、その演出力と共にキャスティングの選球眼に独自の才覚がある。

たとえば『クライマーズ・ハイ』(2008年)。あの作品で堺雅人は完全ブレイクを果たし、滝藤賢一は一躍脚光を浴びた。堺にとっても、滝藤にとっても、決定打となった。以後、堺や滝藤が、いかに映画やドラマの世界で活躍しているかは言うまでもないだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >