2018/08/16 11:00

秘境・ブータンにスマホ。近代化がもたらす問題とは

(C)ÉCLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

インターネット社会と言われて、どれぐらい経つのだろうか? 確かにデジタルテクノロジーの進化は、人々のライフスタイルを変えた。ただ、変えたのは日々の生活だけではない。人の心の在り様も変えたかもしれない。そんなことを深く考えさせられるのが、ブータンの寺院を代々受け継ぐ家族に焦点を当てた『ゲンボとタシの夢見るブータン』(8月18日より公開)だ。

ブータンの小さな村にも近代化の波が…

この作品の舞台となるのは、ヒマラヤ山脈に残る最後の仏教王国とされ、インドと中国の間に位置するブータン。チベットやネパールといったヒマラヤ地方の民族が文化的独自性を失っていく中、唯一伝統や風習を色濃く残してきたという。

それは同国政府が提唱してきた「国民総幸福量」という海外からの影響を軽減させる政策によるところが大きいようだ。

しかし、その効力も欧米をはじめとする民主主義を軸にした価値観と、日々マスメディアから発信される世界の情報によって弱まり、この数十年で急速な近代化を遂げているそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >