2018/08/18 07:00

過ぎ行く青春のきらめきを描く『きみの鳥はうたえる』

(C)HAKODATE CINEMA IRIS

『そこのみにて光輝く』(2014年)などで知られる佐藤泰志の小説を映画化した『きみの鳥はうたえる』(8月25日より函館シネマアイリス先行公開、9月1日より全国順次公開)。柄本佑と石橋静河、そして染谷将太という若手実力派俳優の持つ身体性と繊細さを、『Playback』(2012年)、『THE COCKPIT』(2015年)で話題を集めた新鋭・三宅唱監督が最大限引き出した「生々しい」青春讃歌だ。

 夏の函館を舞台に紡がれる、他愛もない若者たちの日常

見ず知らずの誰かの日常をスクリーンで目の当たりにしながら、かつての我が身とダブらせ、映画館の片隅でジリジリとした気持ちを持て余すのは、年を重ねた者たちの特権だ。あの時は確かに存在していたのに、もう同じ場所には二度と戻れないことを痛感しながら、暗闇に身を浸し、束の間現実逃避するのだ。

三宅唱監督はこれまでにも、『やくたたず』(2010年)では雪原を学ラン姿の学生がつるんでうろつく姿を、そして『Playback』では村上淳扮する40代の男がスケートボードで疾走する姿を、いずれもモノクロームの陰影で捉えてきた。『きみの鳥はうたえる』で描くのは、まだ何者でもないモラトリアム真っ只中の若者たちのひと夏の姿。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >