2018/08/16 07:00

トム・クルーズのジャッキー・チェン化が止まらない!

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

シリーズを重ねるごとに、その規模や過激さが増している『ミッション:インポッシブル』(以下、『M:i』)のスタント・アクション。実際の現場のプロフェッショナルはそれをどう見るのだろう?  そして、トム・クルーズはなぜそれほどまでに危険なスタントに身を投じるのだろう? ジャッキー・チェンに憧れスタントの道に入り、その後世界を股にかけて活躍する坂本浩一監督に、最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を中心に、その極意をきいた。

坂本浩一監督が語る『ミッション:インポッシブル』スタントの極意

― まずは最新作『フォールアウト』の印象を教えてください。

坂本浩一監督(以下、坂本) なによりノンストップ・アクションだったことに驚きました。『ローグ・ネイション』(2015年)、『ゴースト・プロトコル』(2011年)と、ここ何作かは最初と中盤に派手なアクションがあるものの、最後はどちらかというと渋めのアクションとドラマで見せていました。それが今回は最後の最後まで大きなスタントで通した。しかもトムがますますジャッキー・チェン化している(笑)。より大掛かりなこと、特殊なトレーニングをしなければできないことをやっているので、ある意味、ジャッキーを超えたとも言えますね(笑)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >