2018/08/20 17:00

キラキラ映画の今後はいかに

(C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会 (C)椎葉ナナ/集英社

少女漫画やライトノベル等の原作を、女子高生(ヒロイン)目線で描いた学園ラブもの即ちキラキラ映画が、今年伸び悩んでいる。

2014年の『ホットロード』以降『ヒロイン失格』(2015年)、『ストロボ・エッジ』(2015年)は興収20億円超え、2016年は『orange ―オレンジ―』を筆頭に6本が10億円超えと躍進を続けてきたが、2017年は『君の膵臓をたべたい』以外は20億円の壁を突破できず、ジャンル内で共食い状態に。今年はまだ10億円を超えた作品はなく『未成年だけどコドモじゃない』以下『となりの怪物くん』『坂道のアポロン』『ママレード・ボーイ』は横並びだ。

目の肥えた観客が増えた!?

不振の理由のひとつには、作品数の多さがある。一般的な映画と比べて、キラキラ映画の製作費は安い。地方の廃校等を使うことで、美術費が低減でき、また短期間で撮り切れるため、人件費も低く抑えられる。主演を務める若い俳優のキャスト費もさほど高くない。そんな製作側の事情もあり、2016年以降量産されてきたが、観客側のニーズが増えているわけではない。むしろ2017年の興収結果を考察すれば、飽和状態の中から観るべき作品をチョイスする、目の肥えた観客が増えたとも言える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >