2018/08/30 07:00

コスパ悪すぎ?あまりにも過酷なプロ棋士への道のり

『泣き虫しょったんの奇跡』9月7日(金) 全国ロードショー
(C) 2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 (C) 瀬川晶司/講談社

文=パラソル亭ミス/Avanti Press

『3月のライオン』、『聖の青春』に続き、将棋界をテーマにした『泣き虫しょったんの奇跡』が9月7日(金)より全国公開される。

26歳の年齢制限で一度は将棋から離れたしょったんこと瀬川晶司(現・五段)が、改めて将棋と向き合い、周りの人々の助けを借りてプロ棋士となった、まさに“奇跡”の実話だ。本人著の自伝的作品を豊田利晃脚本・監督で映画化。

『青い春』以来、16年ぶりに豊田監督とタッグを組む松田龍平が主人公のしょったんを、子供の頃から彼とともに将棋を志す友人・鈴木悠野を人気バンドRADWIMPSの野田洋次郎が演じる。他にも妻夫木聡、染谷将太、上白石萌音、國村隼ほか豪華出演陣が顔を揃える。

天才少年たちを待ち構える三段リーグの沼、26歳というタイムリミット。

プロ棋士になるには、奨励会という組織に所属しなければならない。将棋少年・少女たちが東京・大阪の両本部に集い将棋に打ち込む。奨励会に入るのにも試験があるため、合格できるのは子供の頃から天才ともてはやされてきた精鋭ばかりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >