2018/08/30 11:00

テニス史に残る“3時間55分”の死闘、その知られざる裏側とは

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』
8月31日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開
(c)AB Svensk Filmindustri 2017

文=赤尾美香/Avanti Press

「子供の頃、スウェーデンの男の人は、みんなビヨン(ビョルン)という名前だと思っていたよ」と、友人が笑った。ポップ・グループ、ABBAのメンバー、ビョルン・ウルヴァース。映画『ベニスに死す』(1971年)でタジオを演じた超絶美少年、ビョルン・アンドレセン。そしてテニス・プレイヤーのビヨン・ボルグ。子供にとっては同じ名前が3人もいれば、“みんな”に十分だった。

日本でも、単なるテニスの試合を超えた社会現象に

コートに膝をつき、天を仰ぐボルグ。あのポーズ、あのシーンは、今も脳裏に焼き付いて離れない。ある年齢より上の人の中には、そういう人が数多くいるはずで、かくいう私もそのひとり。もちろん、後にポーズを真似した芸人やタレントもいたから、それで記憶に定着したのかもしれないが、いずれにせよ1980年のウィンブルドン男子シングルス決勝、ボルグとマッケンローの頂上対決は、日本でも単なるテニスの試合という以上の話題性を伴っていた、と記憶している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >