2018/08/22 11:00

脚本家、野島伸司が「高嶺の花」でタブーに挑む理由

『高嶺の花』(日本テレビ系)
毎週水曜よる10時放送

文=木俣冬/Avanti Press

名曲「ラブ・ミー・テンダー」に彩られた、一見ロマンティックな恋物語「高嶺の花」(日本テレビ系)。才色兼備な華道の家元の長女、月島もも(石原さとみ)と、長年介護をしてきた母を亡くし、天涯孤独な市井の男ぷーさんこと風間直人(峯田和伸)。身分を超えた二人の恋には障害がいっぱいだ。

そもそも、ももには結婚届まで出した婚約者、吉池(三浦貴大)がいたが、彼とほかの女性との間に子どもができたため破談。すっかり精神的に参ってしまった最悪なときに、ぷーさんに出会い、その優しさに癒やされて急速接近。いろいろありつつも、6話(8月15日放送)で入籍、結婚式が行われる。

だがそれも6話が終わらないうちにあえなく破談。ももは名作『卒業』(1967年)まんまに、迎えに来た吉池に手を引かれ、式場から去っていく。

峯田和伸(ぷーさん)、かわいそ過ぎる! なんでこんなことに!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >