2018/08/27 17:00

日韓比較!『SUNNY 強い気持ち・強い愛』リメイクで変わったポイントは?

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

文=新田理恵/Avanti Press

これから何者にでもなることができた、高校時代のあの頃。韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(2011年。以下、『サニー』)は、幅広い観客層の記憶に青春時代の輝きを呼び起こし、2012年に日本で公開されるとロングランヒットを記録した。

『サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション』DVD発売中 ¥3,800(税別)
発売元:ミッドシップ 販売元:TCエンタテインメント
(c)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

その『サニー』が舞台を日本に移してリメイクされた。8月31日公開の『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(以下、『SUNNY』 )である。

ルーズソックス、ガングロに細眉――コギャルファッションに身を包んだ女子高生が街を闊歩した1990年代。仲良しグループ「サニー」を結成する女子高生6人は、“自分たちが主役”の時代を元気いっぱい謳歌していた。それから20年以上が過ぎ、すっかり会うこともなくなっていた6人は、それぞれの生活や仕事で問題を抱えていた。専業主婦の奈美(篠原涼子)は、偶然「サニー」のリーダーだった芹香(板谷由夏)と再会。彼女が末期ガンに冒されていることを知る。「もう一度みんなに会いたい」という芹香の願いを叶えるため、奈美は仲間たちの行方を捜し始める。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

この日本版『SUNNY』のストーリー展開は、ほとんどオリジナルと同じ。エピソードやセリフの一部も忠実にトレースされており、大根仁監督のオリジナルへの愛を感じる。

けれど不思議なことに、鑑賞後は日韓バージョンで全く別の作品を観た感覚が強く残る。

オリジナルの『サニー』は約20年の間に、主人公たちが失ったもの・得たものの重さを感じさせる作品であったのに対し、『SUNNY』は“1990年代カルチャー総まくり”といった感じのポップなノリ。もちろん過ぎ去った日々を思う切なさはあるけれど、より軽いタッチの仕上がりになっている。『サニー』と『SUNNY』、同じストーリー、同じ展開の2つの映画。その違いを見比べてみたい。

違い1. ヒロインたちの心を揺らす音楽

『SUNNY』がオリジナルから大きく変えたもの。それは主人公たちの高校時代を彩る当時の流行音楽の数々だ。安室奈美恵やtrf(現TRF)など、何組ものトップアーティストを手がけた小室哲哉が本作の音楽を担当し、TKサウンドや小沢健二ら、懐かしの90年代ヒット曲のつるべ打ちで映画を盛り上げる。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

一方、1980年代後半の韓国を舞台にしたオリジナルの『サニー』の音楽は、洋楽やフォークソングが中心。お昼休みに校内放送で流れるのは、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」。憧れの男子大学生を追って入った音楽喫茶で、主人公のナミが先輩からヘッドフォンで仏映画『ラ・ブーム』(1980年)の「愛のファンタジー」を聴かされるシーンは、まんま『ラ・ブーム』だ。当時の韓国では、欧米文化の影響が色濃かったことがよくわかる

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

違い2. 80年代と90年代、異なる年代の両国の社会背景

オリジナル『サニー』のヒロインたちが高校時代を過ごした1980年代、韓国では当時の独裁政権に反対し、民主化を求める波が大きくなっていた。映画の中でも、ナミの兄が学生運動に傾倒していたり、サニーvsライバル不良グループの乱闘が学生デモの真っ只中に放り込まれたりと、物語に当時の重大事件が挟み込まれる。

急速な経済発展と社会の変化。韓国は、ソウル五輪開催(1988年)を目前に控え、世界へ扉を開き、羽ばたこうとしている熱気の渦の中にいた。『サニー』が描く高校時代と現在のパートでは、社会が大きな変換を遂げたボーダーラインの前と後の世界が描かれているのだ。

一方、日本版の『SUNNY』が描く1990年代は、よりドメスティックで内へ内へと深化していくようなカルチャーや、閉塞感があり、コギャルたちはそんな社会にささやかな抵抗を示す毒々しい花のように見えた。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

彼女らと同世代でありながら、コギャル文化をよその国の出来事のようにテレビで見ていた田舎の高校生だった筆者も、説明しがたい閉塞感が世の中に漂っていたことを覚えている。

バブルが崩壊して経済は低迷。オヤジ狩りや女子中高生による援助交際がニュースになり、オウム真理教による一連の事件のほか、幾多の凶悪な刑事事件が世間を震撼させた。

共通点1. 時代の細部はヒロインを通して描かれる

高校時代の奈美(広瀨すず)は淡路島出身で、1995年の阪神・淡路大震災で職を失った父親の再就職を機に東京へ越してきた設定だ。

家計が苦しく、奈美は友だちとお揃いのルーズソックスやカーディガンが買えない。『サニー』と同じく兄がいるが、学生運動ではなくテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」にハマり、さらにノストラダムスの予言を信じる終末論者で、引きこもりでもある。……と、ステレオタイプな1990年代の闇を押しつけられすぎな気もするが、実はヒロインがかなり当時の暗部を背負ったキャラクターなのだ。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

ちなみに、オリジナルのナミも、歴史的に差別され、開発が遅れていた全羅南道(チョルラナムド)の出身だったという設定。1980年に起きた民主化を求める暴動「光州事件」の舞台にもなったところで、ナミの兄が学生運動をしているという設定の背景にもなっている。

両作品が描く世の中の空気は異なるが、いずれも苦労を背負ったヒロインの目を通すことで、当時の流行をより輝かしいものとして浮かび上がらせる効果を生んでいる。

共通点2. 観る人がそれぞれ自分の視点を持てる余地

先に、日本版『SUNNY』を「軽い」と書いたが、それは当時、感じていた空気と、映画の中のキラキラした少女たちの姿にズレを感じたから。さらに言うと、少女たちには“キラキラさせられている”感があって、同世代としては少しイタさを感じたのだ。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8月31日全国東宝系にてロードショー
(C)2018「SUNNY」製作委員会

しかし、それは筆者の主観で、この映画には観る人それぞれが、自分の視点で振り返り、語りあうことのできる余地がある。それがこの作品の面白さなのかもしれない。

これはオリジナルも同様だが、大人になった奈美たちが抱える問題は、映画のクライマックスに至っても、根本的にはちっとも解決されない。ラストのある出来事で、やっと「再びスタートラインに立った」という感じだ。

時代は変わっても人生が続く限りトライ&エラーを繰り返し、やり直すことができる。『SUNNY』と『サニー』、どちらにも共通するのは、今も、あの頃も、「誰もが人生の主役」というメッセージだ。

『サニー』と『SUNNY』は、そんな材料を提供してくれる作品なのかもしれない。 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >