2018/08/27 11:00

将棋映画に染谷将太あり!「三部作」いよいよ完結

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)2018瀬川晶司/講談社

藤井聡太七段(2018年8月現在)の歴史的大躍進によって、空前の将棋ブームが巻き起こっている。藤井七段の活躍に追随したわけではないが、奇しくも日本映画界は近年、秀作将棋映画の製作、公開が続いている。 

2016年、松山ケンイチの大増量と、東出昌大による“羽生善治完コピ”が話題を呼んだ『聖の青春』。2017年、羽海野チカの同名漫画を二部構成で映画化した大作『3月のライオン』。そして、9月7日からは『泣き虫しょったんの奇跡』が公開される。

平成末期に誕生したこの3作すべてに出演している俳優がいる。染谷将太だ。主演、助演問わず、数多くの作品に携わりつづける「日本映画界の若き至宝」である。なぜ、染谷は将棋映画に呼ばれているのか。この3作をあえて「三部作」と捉え、考えてみたい。

敗者のギリギリのプライド『聖の青春』

 『聖の青春』は、難病を抱えながら、羽生善治のライバルとして立ちはだかり、29歳で逝去した棋士、村山聖(むらやま・さとし)の姿を描いたものだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >