2018/08/28 17:00

ポストジブリの才能はどこへ?2018年アニメ映画のゆくえ

『名探偵コナン ゼロの執行人』 監督:立川譲 全国にて公開中(配給:東宝) (C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

今夏の目玉映画のひとつとして注目を集める細田守監督の『未来のミライ』。2016年に空前の大ヒットを記録した『君の名は。』の新海誠監督とともに、“ポストジブリ”を期待される才能はどこに向かおうとしているのか?

一方、『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー国際映画祭最高賞を受賞した湯浅政明、『映画 聲の形』に続き『リズと青い鳥』を放った山田尚子、『さよならの朝に約束の花をかざろう』で注目を集める岡田麿里ら、ジブリとはいささか出自を異にする監督たちの躍進……。

巨匠・高畑勲がこの世を去り、時代の変わり目を感じさせるなか、アニメーションの表現は今どうなっているのだろう? 次世代を担うふたりの気鋭の論客が、最近の話題作をめぐり存分に語りあう! アニメーション映画の未来はどっちだ!!

『未来のミライ』から考える

土居伸彰(以下、土居) いま、日本アニメ映画界の見取り図が傍目からはよくわからなくなっていると思うんですね。少し前だったらポストジブリの覇権争いという形で、新海誠や細田守、米林宏昌や原恵一をまとめて捉えることができた。しかしいま面白い作品は何かと言うとき、ポストジブリという後ろ向きな見取り図ではつかみ切れなくなっていて、むしろジブリと関係のない作家のほうが生き生きとしているのではないかと思います。そして山田尚子や岡田麿里、湯浅政明を典型とするそうした作家たちは、世界的なアニメーション映画の動向とも繋がっていると感じています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >