2018/08/30 17:00

これは小室哲哉=TKの時代へのトリビュート映画だ

(C)2018「SUNNY」製作委員会

韓国で大ヒットした『サニー 永遠の仲間たち』(2011年)を、大根仁監督が日本仕様にリメイクした『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日より公開)。大根監督は舞台をコギャル全盛期の1990年代中盤に移行し、ルーズソックスを履いたギャルたちの青春と、四十路を迎える現在とを交互に描いた。

豪華キャストも話題だが、本作の白眉は、あの小室哲哉が映画音楽を手がけていることであり、TKサウンドとして一世を風靡した超花形プロデューサーの楽曲群が惜しみなく画面を彩っていることである。 

刹那と高揚のマリアージュ

 1990年代中盤は、TKの時代だった。小室哲哉は当時、TRFの楽曲について、夜の商売の人たちが仕事終わりにカラオケで歌える歌がコンセプトだと語っているが、小室プロデュースによる楽曲群はその層だけではなく、日本全国の若年層を巻き込む国民的一大ムーブメントへと成長していく。 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >