2018/08/30 11:30

楽曲提供…だけじゃない!HYDEと映画のアツ〜イ関係

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』/10月12日(金)全国ロードショー/(c)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会/配給・制作:アスミック・エース

10月12日公開の『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、圧倒的な声量を誇る世界的ロックスターのシンと、歌は悪くないのに声が小さいストリート・ミュージシャンによるハイテンション・ロック・コメディ。作中のライブシーンなどで使われる全7曲は、本作のために書き下ろされたオリジナル曲です。このうち、主題歌になっている「人類滅亡の歓び」を作曲したのが、L'Arc~en~Cielのボーカルとしても活躍するHYDE(※ソロ名義では大文字)です。

HYDEはこれまでもミュージシャンとして映画に関わるほか、俳優としての出演もあります。そこで今回は、これまでのHYDEと映画の関係を振り返ってみたいと思います。

HYDEが作った“悪魔的な曲”とは?

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の三木聡監督に筆者が伺った話では、今回のHYDEへのオファーは、撮影開始の半年前に監督が直々に行ったそうです。このとき監督は「悪魔的な曲を作ってもらいたい」と伝えたところ、これにHYDEは戸惑ったようで、当初は「なんですか、それ」といった反応だったそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >