2018/09/01 07:00

綾野剛、柄本佑ら演技者を輝かせる「佐藤泰志ワールド」とは?

『きみの鳥はうたえる』公開中 (c)HAKODATE CINEMA IRIS

5度も芥川賞候補に挙げられながらも受賞には至らず、41歳で自ら命を絶った不遇の小説家・佐藤泰志。彼の原作を映画化した“函館三部作”と呼ばれる作品群では、これまで加瀬亮、綾野剛、オダギリジョー、蒼井優らが新境地を見出し、役者としてステップアップを遂げてきました。

佐藤泰志作品のキャラクターは、なぜ役者たちを輝かせるのでしょうか? 彼の4作目の映画化作品にして最新作『きみの鳥はうたえる』が公開した今、改めてその魅力をひも解きます。

孤高の作家・佐藤泰志文学のキャラクターたち

1949年に北海道函館市で生まれた佐藤は、高校在学中から北海道新聞社主催の文芸賞を受賞するなど、早くから才能の片鱗を見せます。国学院大学に進学、そして卒業後も、アルバイト生活を続けながら、数々の同人誌や文芸誌に小説を発表し続けてきた彼が、初めて芥川賞候補になった代表作が、1981年の「文藝」で発表した「きみの鳥はうたえる」でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >