2018/09/16 11:00

娯楽映画の巨匠、ロバート・アルドリッチ作品の深さ!

文=鬼塚大輔/Avanti Press

一作の映画、または一人の監督を核に、過去未来、ジャンルを超えて(思いがけない)映画の系譜を紹介する「#シネマ相関図」シリーズ! 第二回目は、ニューシネマの旗手でもあった娯楽映画の巨匠、ロバート・アルドリッチをピックアップ。

様々な娯楽映画を手がけ、映画史に大きな影響!?

ロバート・アルドリッチ(1918年-1983年)という監督名には、“男性派の”とか、“アクションの”と冠が付けられることが多い。だが、1941年にRKOに入社したのち、意外にも助監督としてついたのは、喜劇王チャーリー・チャップリンや『ピクニック』(1936年)、『大いなる幻影 』(1937年)の巨匠ジャン・ルノワール、赤狩りでアメリカを追われた反骨の巨匠ジョゼフ・ロージーなど(アルドリッチは、チャップリンを「世界最高の俳優だが、演出の仕方は知らんね」とオソロシイことを言っている)。

ロバート・アルドリッチ監督
Images courtesy of Park Circus/Warner Bros.

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >