2018/09/15 07:00

「愛する人の幸せ」を素直に喜べない…人間の複雑さとは?

(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

仲睦まじいはずだった夫婦が、「視力回復手術」をきっかけに、秘められた本性を剥き出しにしていく様をスリリングに綴った『かごの中の瞳』(9月28日より公開)。人間とは、愛する人の幸せより、かくも自分の欲望を優先してしまう生き物なのか……。観終わった後、そんな問いが頭を駆け巡るほど「愛」の怖さに打ちのめされる、とてつもない衝撃作だ。

視力を取り戻して美しく変わった妻に、疑いと嫉妬を抱く夫

この映画で描かれるのは、幼い頃に事故で視力を失った妻(ブレイク・ライヴリー)を献身的に支えてきた夫(ジェイソン・クラーク)が、妻が視力を取り戻したことを機に、彼女へ疑いと嫉妬を抱くようになっていく過程だ。というのも、清楚で従順だったはずの妻が、手術を受けたことで自信を取り戻し、髪をブロンドに染め、流行のファッションに身を包み、みるみるうちに美しい女性に変貌を遂げたから。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >