2018/09/19 19:00

原恵一監督と橋口亮輔監督が語る「天才・木下惠介」

原恵一監督(左)、橋口亮輔監督(右)

文=平辻哲也/Avanti Press

日本最大の自主映画の祭典「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」(9月22日まで)の招待作品部門「映画のコツ」で、アニメ『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(2001年)の原恵一監督と『恋人たち』(2015年)の橋口亮輔監督が登壇する特別企画「天才・木下惠介は知っている:その2」が9月15日、東京・京橋の国立映画アーカイブで行われた。

木下惠介監督とは?

木下監督は、国産初のカラー映画『カルメン故郷に帰る』(1951年)や名作『二十四の瞳』(1954年)などで知られる巨匠。1964年の松竹退社後は「株式会社木下プロダクション」(現ドリマックス・テレビジョン)を設立し、TBS系「木下惠介アワー」でテレビドラマの基礎を作った。

生誕100年にあたる2013年に、若き日の木下監督の実話を基に映画化した『はじまりのみち』で実写映画の初メガホンを取った原監督が「黒澤明監督、小津安二郎監督に比べて、木下監督は過小評価されている。もっと素晴らしさを知って欲しい」と企画し、橋口監督も賛同した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >