2018/09/21 11:00

ゲイの弁護士カップルが切り拓く、“愛と法”の新たな地平

『愛と法』
(c)Nanmori Films
9月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー(9月22日より大阪 シネ・リーブル梅田にて先行上映)

文=圷 滋夫(あくつしげお)/Avanti Press

最近やっとLGBT(性的マイノリティのうち、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの総称)という言葉が広まりつつあるという実感を持っているが、逆に「この人は一体どんな認識を持っているのだろうか?」と思わせられる、ありえない暴言を吐く政治家も大勢いる。そんな古い考えに凝り固まった人たちは、ぜひこの『愛と法』というドキュメンタリー映画を観て、堅い頭をほぐして欲しい。

全国の“困ってる人”を助ける弁護士夫夫(ふうふ=男性カップル)

カズ(南和行)とフミ(吉田昌史)は大阪の下町にて2人で法律事務所を営む弁護士で、私生活でも結婚し、猫と一緒に暮らすパートナーだ。2人のもとには少年事件や性的マイノリティに関するものなど、様々な依頼が舞い込む。映画はそのなかの主に3つのトピックを追いかける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >