2018/09/25 17:00

『旅猫リポート』には史上最高の福士蒼汰がいる

(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

有川浩の同名小説を、有川自身も脚本に参加した上で映画化した『旅猫リポート』(10月26日より公開)。同作で、福士蒼汰はキャリア最良の芝居を見せている。猫とふたり旅という特異な構造の作品だからこそ、俳優・福士蒼汰の見たことのない表情がいくつもある。彼は、これほどまでのポテンシャルとスキルを隠し持っていたのか。ネタバレしない範囲内で、本作の「福士蒼汰リポート」をお届けする。

アクションなし、恋愛なし

近年の福士は、アクションの印象が強いかもしれない。今年公開の主演作2本『曇天に笑う』、『BLEACH』はいずれもバリバリの活劇だったし、昨年の『無限の住人』では、ラスボス役で存在感を発揮した。

その一方で、恋愛映画の王子様役だというイメージも根強いと思う。『好きっていいなよ。』(2014年)、『ストロボ・エッジ』(2015年)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016年)などで見せた「ときめきの純化形」は忘れがたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >