2018/09/21 16:29

今週ナニみる?「新作シネマ」9/21公開分

『パパはわるものチャンピオン』(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。9月21日に公開された最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

食べる女

【あらすじ】
年齢も、職業も、恋愛に対する考え方も、人生における価値観も異なる8人の女たち。そんな彼女たちが、おいしいものを心置きなく、好きなだけ食べる“女の本音満載の宴”を通して、現代に生きる女たちの“今”を描く。登場する女性陣はそれぞれに悩み抱え、自分にとっての本当の幸せは何なのかを模索し、見つけていく――

筒井ともみの短編集を、筒井本人が脚本・プロデュース、生野慈朗のメガホンで映画化。小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と、今を代表する豪華女優陣が共演する。


コーヒーが冷めないうちに

【あらすじ】
舞台は、とある街のとある喫茶店。店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることが出来るという。ただし、そこにはいくつかのルールがあった。誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら……」という《後悔》の思い。様々な《後悔》を抱えた客たちが、今日も店を訪れる――

2017年本屋大賞にもノミネートされた、舞台の脚本家兼演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となる同名作品を、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともに映画化。主演を有村架純、さらに石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜らが脇を固める。

パパはわるものチャンピオン

【あらすじ】
プロレスの世界でトップまで上りつめたが、ケガのためにすべてを失くしてしまった大村孝志(棚橋弘至)。かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っていた……自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。息子との絆を取り戻すことは出来るのか――

板橋雅弘・作、吉田尚令・絵の絵本を、藤村享平の監督・脚本で実写映画化。主人公のプロレスラー孝志役に新日本プロレスの棚橋弘至が演じる。どん底から這い上がり、傷だらけになっても戦い続ける男の姿が、熱く激しく心を揺さぶり、明日へ向かって生きる希望をくれる感動の物語。



スカイスクレイパー

【あらすじ】
香港、ビクトリア湾の一角に優雅にそびえ立つ史上最大の超高層ビル。元FBI人質救出チーム隊長のウィル(ドウェイン・ジョンソン)はこのビルの98階に家族とともに暮らしている。ある日ビルのオーナーであるツァオに呼ばれたウィルは、ビルの安全管理システムを24時間以内に分析せよと依頼を受け、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが――

死霊館のシスター

【作品紹介】
1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる――シリーズすべての恐怖の始まりを描く、ジェームズ・ワンが贈る『死霊館』シリーズ最新作。


映画の秋は真っ盛り!

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 今秋は話題作が盛りだくさん。映画館で最新作と最高のひとときを。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >