2018/09/21 17:00

【インタビュー】沢尻エリカが語る「食と恋愛」の優越

年齢も職業も恋愛観も人生観もバラバラな8人の女性達。9月21日(金)公開の映画『食べる女』はそんな彼女達が、美味しいものを好きなだけ食べる“女の本音満載の宴”を通して、本当の自分を取り戻していく姿を描いている。

劇中に登場する8人の女性達は、都合のいい女になってしまったり、ぬるい恋愛に物足りなさを感じていたり、別れた夫への想いを断ち切れずにいたりと全員がそれぞれの悩みを抱えている。人生楽しいことばかりじゃない。でも女同士で集まって美味しいものを食べたら元気になれる。

このインタビューは食を通じて本当の自分を取り戻したドドこと小麦田圭子のように、30歳を超えて素直に生きれるようになった沢尻エリカからの渾身のメッセージである。

「昔は天邪鬼だった」沢尻エリカが思う30歳を超えて感じた変化とは

食べる女 沢尻エリカ インタビュー

(C)2018「食べる女」倶楽部

――沢尻さん演じるドドは経済的に自立した女性で、「恋愛に求めるのはトキメキだけ」と結婚に前のめりでない印象でした。ある意味とても現代的で、働く女性の価値観を体現していますが、沢尻さんはこういう恋愛って共感できますか?

すごく共感できますね。劇中に登場する女性のなかではドドの考え方が一番自分と近いと思います。年齢的にもドドと一緒ぐらいだし、30代ってこの先どうするのか女性がもっとも悩む時期じゃないですか。仕事に生きるのか、結婚を考えるのか……全部シビアに思えちゃうんですよね。私もドドと同じで何を取るかとなったら、恋愛よりも自分の気持ちを優先させます。恋愛はたまにトキめくぐらいでいいみたいな(笑)。「わかる! わかる!」と思いながらドドを演じていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >