2018/09/29 15:00

「オーディション荒らし」芳根京子。七変化するその素顔

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインを演じてから、ドラマや映画に引っ張りだこの女優・芳根京子。土屋太鳳とのW主演で話題の『累-かさね-』(全国公開中)、岡田准一主演『散り椿』(9月28日公開)と、出演映画が続々公開される。ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)での可憐で優しくも脆い女性の演技も評価され、絶好調の彼女。しかし、実は過去に「オーディションに落ちまくる」というドン底時代があったのだとか……。

オーディション荒らしから一転、事務所から「辞めても困らない」

芳根は8月20日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演し、オーディションに全然受からなかったドン底時代を告白した。

一時は“芳根がいるとそのオーディションは受からない”と周囲から言われるほど通過率が高く、「オーディション荒らし」の異名までついていた芳根。「初めの頃はオーディションに結構受かって調子に乗っていましたね。『受かんじゃん』みたいな」とデビュー当時を振り返った。しかし、ある時からパッタリと受からないドン底時代に突入してしまったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >