2018/09/28 11:00

朝ドラ出演中にコンビニバイト?美人女優の意外なバイト白書

現在公開中の『累-かさね-』で芳根京子とダブル主演を務める若手屈指の演技派女優、土屋太鳳。現在数々の人気作に引っ張りだこの土屋だが、ブレイクのきっかけとなった連続テレビ小説「花子とアン」(NHK)に出演当時、女優業とアルバイトを両立していた過去を持つ。今回は、人気女優の意外なアルバイト秘話に迫ってみよう。

土屋太鳳はコンビニで「いらっしゃいませ」!?

2014年放送の「花子とアン」で、主人公の妹・ももを演じる傍ら、コンビニでのアルバイトに精を出す日々を送っていたという土屋。その時の心境を今年2月27日のInstagramで振り返っている。

「ももちゃんを演じてた頃は、次の作品が決まってなくてコンビニでアルバイトしてた頃でもあって、仕事で冷たい気温の空気に触れたりすると、ももちゃんが感じた痛いくらいの寒さ冷たさはどんな感覚だったんだろうと思ったり」。北海道という見知らぬ土地に嫁ぎながら夫を亡くし、嫁ぎ先から冷遇されるなど、過酷な人生を歩んだもも。土屋はバイトで冷たい空気に触れる瞬間、極寒の地で苦しむももと、次の出演作が決まらず不安な状態を過ごす自分とをシンクロさせることで、ももの悲壮感漂う演技へとつなげていたのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >