2018/10/06 07:00

「ピンク映画の黒澤明」と呼ばれた男、若松考二監督アウトロー伝説

『止められるか、俺たちを』
2018年10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
(c)2018若松プロダクション

文=村尾泰郎/Avanti Press

激動の60年代。映画で日本社会に噛みついた、狂犬のような映画監督がいた。その名は若松孝二。高校中退でヤクザになり、ケンカで刑務所送りになった後、映画監督になってピンク映画(低予算・早撮りで量産された成人向け作品)の世界で活躍。次々とヒットを飛ばして「ピンク映画の黒澤明」と言われた男だ。

その一方で、その芸術性は海外で高く評価され、映画祭にも招かれた若松は、1965年に映画制作会社〈若松プロ〉を立ち上げ、日本の映画界で一匹狼を貫いた。若松孝二率いた若松プロとは、どんな集団だったのか。彼らが映画に賭けた日々を描いたのが『止められるか、俺たちを』だ。

個性豊かな才能を引き寄せた、若松孝二の人間力

『止められるか、俺たちを』
2018年10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
(c)2018若松プロダクション

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >