2018/10/04 07:00

「朝の顔」永野芽郁、“愛され力”の秘訣とは

9月29日に最終回を迎えた、2018年上半期の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)。主人公・鈴愛の10代から40代までを演じる永野芽郁は、18歳(撮影時)とは思えぬほど堂々とした演技力で脚光を浴びた。そんな永野はお茶の間ばかりでなく、さまざまな共演者からも愛され、注目を集めている女優だ。

仲良し3姉妹の末っ子!あだ名は“めーたん”

たとえば、鈴愛の母親役である松雪泰子は、今年8月中旬のクランクアップ後、Instagramに永野との2ショットを投稿。「先日半分青い撮了 めいちゃん本当にお疲れ様!」という文とともに、永野と食事する様子を写した“美しすぎる母子ショット”を公開して話題を集めた。

その松雪の投稿に、永野は「幸せでした またおかーちゃんと親子デートを」とコメント。さらに松雪は「デートしよ 楽しかったぁ」と返信するなど、その親密なやり取りは本物の母娘さながら。永野は母親と同世代にあたる松雪の心をすっかり射止めていたようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >