2018/09/28 16:11

成田凌、周防正行の新作『カツベン!(仮)』で映画初主演

(C)「2019カツベン!(仮)」製作委員会

周防正行の4年ぶりとなる新作映画『カツベン!(仮)』のキャスト情報が発表となった。主演は、映画初主演となる成田凌。ヒロインは黒島結菜がつとめる。

周防正行、最新作は「活動弁士」が主人公

今から約100年前、映画がサイレントでモノクロだった頃に、日本では映像にあわせて楽士の奏でる音楽とともに独自の“しゃべり”で物語をつくりあげる「活動弁士」が活躍した。『舞妓はレディ』(2014年)以来、4年ぶりとなる周防正行監督の最新作は、そんな活動弁士、通称“活弁(カツベン)”が主人公の作品。活動弁士を夢見る青年が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まる、アクション、恋愛、笑いの要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメントとなるとのこと。

本作の主人公は、今若手最注目の俳優のひとり成田凌。本作が映画初主演となる。また、ヒロインには若手実力派女優の黒島結菜。さらに永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊ら超実力派俳優が脇を固める。そして竹中直人、渡辺えり、小日向文世をはじめとする周防作品おなじみのキャストも出演する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >