2018/10/04 11:00

横浜流星主演、映画『愛唄』謎がキニナル新特報を解禁

『愛唄 -約束のナクヒトー』2019年1月25日(金)全国公開(C)2018「愛唄」製作委員会 配給:東映

GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化する『愛唄 -約束のナクヒト-』より、第2弾特報映像と場面写真が解禁となった。

『愛唄 -約束のナクヒト-』主題歌の一部が解禁!

愛唄 -約束のナクヒト-

(C)2018「愛唄」製作委員会

『愛唄 -約束のナクヒト-』は、2017年に公開された『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化する作品。本作では、GReeeeNが初の脚本を担当、実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを描きだす。

愛唄 -約束のナクヒト-

(C)2018「愛唄」製作委員会

主演を横浜流星がつとめるほか、清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が集結する。メガホンをとるのは『海月姫』『きょうのキラ君』の川村泰祐監督。

このたび解禁となった第2弾特報映像は、横浜流星演じるトオルが「人を好きになる 愛し合う それは自然に覚えた? 誰かに教わった?」と詩集を読むシーンから始まる。

愛唄 -約束のナクヒト-

(C)2018「愛唄」製作委員会

恋も友情も知らないまま余命わずかなことを宣告されたトオルを中心に、バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)、そして病院で出会った伊藤凪(清原果耶)らの姿や、成海璃子演じる比呂乃らの姿が映し出される。

愛唄 -約束のナクヒト-

(C)2018「愛唄」製作委員会

映像では、詩集、謎の数式、スマホと物語でのキーアイテムが次々に登場するほか、流れる主題歌の歌声の主が誰であるかといった謎も多く、この先の続報を期待させるものとなっている。

『愛唄 -約束のナクヒト-』は2019年1月25日(金)より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >