2018/10/11 07:00

門脇麦、過激な役柄にも負けないパワフルな女優

撮影=平岩享

過激な役柄も、門脇麦が演じるといやらしくないのは、役の迫力に負けないパワフルな女優だから。

鬼才・若松孝二の助監督となった21歳のヒロイン・吉積めぐみを演じた、最新作『止められるか、俺たちを』では、実在した人物にトライした。

「最初は再現したい欲が強かったんですけど、めぐみさんについての手がかりが、残された写真と、当時の若松組のみなさんのお話から出てくるイメージでしかなくて。何も知らない女の子が、若松プロに飛び込む映画のストーリーと、若松監督とお会いしたことのない私が、この映画に飛び込むというのがちょっとリンクしてるんじゃないか? と途中で 思い直してからは、もちろん若松さんの資料は読める限りのものを読み、見れる限りのものを見ましたけど、役作りは特に何もしませんでした」

考えなくていいやって(笑)

(C)2018若松プロダクション

物語に引っ張られる“受け”の形で、観客を作品世界へと誘う主人公。作中、めぐみが時折口ずさむ『母のない子のように』が、彼女の抱える淋しさを象徴する。めぐみを若松プロへ誘ったフーテン仲間・秋山道男の作詞作曲による歌だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >