2018/10/12 11:00

新世紀の“女優で映画監督”、その情熱の行方は?

PFF2018出品作品『最期の星』撮影現場の小川紗良(左)/『脱脱脱脱17』(2016年)撮影現場での松本花奈(右)

小川紗良と松本花奈。女優であり映画監督である90年代後半生まれの若いふたりが、いま、わたしたちが生きる時代に活躍をしている。

田中絹代らを想起するまでもなく、女優たちが監督をすることは日本映画史上、特殊なことではないかもしれない。だが、じっくり女優経験を積んでから監督をするのではなく、若くして芸能活動を開始した20代はじめの女優たちが、その世界観と映画観を長篇映画によって観客へ問うことは、デジタル技術が可能にした「新世紀の面白さを告げる事件」といえるだろう。

ふたりの歩み

W主演作『聖なるもの』(2017年)、小川役の小川紗良

ふたりの歩みは一様ではない。小川紗良は、高校時代のモデル活動から芸能活動を開始、映像も撮りはじめた。早稲田大学で『万引き家族』(2018年)の是枝裕和監督の教えを受けながら、『最期の星』(2018年)を監督。PFFにもノミネートされ注目を浴びる一方、10月からは女優として日本テレビ系のドラマ「ブラックスキャンダル」出演が決定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >