2018/10/19 08:00

【動画】シーツ姿から見た、今の妻は…『A GHOST STORY』日本版予告

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』11月17日(土)全国ロードショー 配給:パルコ(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

シーツ姿のゴーストが、自分のいなくなった世界で、愛する妻を想い彷徨う、大人のゴースト・ストーリー『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(11月17日より公開)の日本版予告映像が公開となった。

取り残されたゴーストが辿る最果ての世界とは?

田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のC(ケイシー・アフレック)とM(ルーニー・マーラ)は幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むため、ある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始める――

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー ポスター

(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、不慮の事故死を遂げ、シーツ姿のゴーストとなって彷徨い続ける夫が、自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける切なくも美しい物語を描く作品。『ムーンライト』、『レディ・バード』など話題作を続々と送り出す北米の映画会社A24が手がける。

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー ネタバレなし

(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

シーツ姿のゴーストとなる夫をケイシー・アフレック、夫に先立たれ悲しみに暮れる妻をルーニー・マーラが演じる。メガホンをとるのは、デヴィット・ロウリー監督。

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 予告

(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

このたび公開された日本版予告では、特報映像で多くが描かれなかった、CとMの夫婦のシーンを大幅に追加。さらに、世界に取り残され、彷徨い続けるゴーストの新たなカットも追加された。

時をかけ、愛を確かめ、魂を浄化させていく「死の先」にある物語として幻想的な映像に加え、「人は遺産を残そうとする」「自分が消えた後も覚えていてもらうためにね」といったセリフが印象深い映像となっている。『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、11月17日(土)より全国ロードショー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >