2018/10/19 18:00

中国の複製画産業のリアル―趙小勇の「ゴッホ」複製画、劇場展示に

(C)Century Image Media (China)

10月20日より公開となるドキュメンタリー映画『世界で一番ゴッホを描いた男』の主人公、“世界で一番ゴッホを描いた男”チャオ・シャオヨン(趙小勇)の描いた、ゴッホの複製画が映画の公開にあわせて、東京・大阪・愛知の劇場3館で、計4点展示公開されることが明らかとなった。

“世界で一番ゴッホを描いた男”が描いたゴッホの複製画

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国・大芬。出稼ぎでこの街にやって来たチャオ・シャオヨン(趙小勇)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも工房の中。いつしかチャオ・シャオヨンはゴッホ美術館へ行くという夢ができた。本物のゴッホの絵画からゴッホの心に触れて何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いと共に。どうしても本物のゴッホの絵画を観たいという想いは日増しに募り、ついに夢を叶えるためにアムステルダムを訪れるのだが――

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >