2018/11/03 07:00

米英若手イケメンたちが演じた“未熟な天才”の悲劇

(C)2017, BB Club, LLC. All rights reserved.

ハーバード大卒の若きエリート達による投資グループが起こした、実在の詐欺および殺人事件を映画化した『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』(11月10日より公開)。本作で初共演となった実力派若手俳優アンセル・エルゴートとタロン・エガートンは、“未熟な天才”たちのコントロールの効かない衝動を、どのように描いたのだろうか。

1980年代のアメリカを象徴するスキャンダラスな実話

本作の舞台は1980年代初頭のアメリカ。“西のウォールストリート”と呼ばれた金融街で、ハーバード大学を出たばかりの青年ジョー・ハントが、社交クラブ「BBC」(ビリオネア・ボーイズ・クラブ)の会員と名乗り、セレブたちをハイリスク・ハイリターンの投資に勧誘する。最初は敬遠していたセレブたちも、約束通りの額面の小切手を手渡されると、この新進気鋭の社交クラブ兼投資グループに熱狂した。しかし順風満帆かに思えたBBCの経営はその実、詐欺の積み重ねによって成り立っていた。そして、とある人物がBBCを裏切ったことを皮切りに、事態は取り返しのつかない悲劇へと転がっていく……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >