2018/10/27 08:00

【場面カット9枚】劇団EXILE総出演『jam』キービジュアル公開

(C)2018「jam」製作委員会

劇団EXILEの全メンバーが総出演する、SABU監督の最新作『jam』のキービジュアルならびに場面写真がdmenu映画に到着した。

自らの行いはすべて自分にはねかえってくる…

主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報”が巡り巡って行くのだった――

ジャム キービジュアル

(C)2018「jam」製作委員会 

本作は、EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクトで、劇団EXILEのメンバーが総出演する。『たたら侍』の⻘柳翔、大河ドラマ「⻄郷どん」の町田啓太、『あなたのことはそれほど』の鈴木伸之らが主演を果たす。メガホンをとるのはSABU監督。

このたび公開されたキービジュアルでは、“この愛は天国か地獄か“というキャッチコピーが印象的なもの。一筋縄ではいかない運命「因果応報」に翻弄される人々を描く本作のテーマを表現したものとなっている。

また併せて公開された場面写真では、青柳翔演じる横山田ヒロシ、町田啓太演じるタケル、鈴木伸之演じるテツオと、主演3人のそれぞれの表情を確認することができる。映画は12月1日(土)より新宿バルト9ほかにて全国公開。

(C)2018「jam」製作委員会 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >