2018/10/31 07:00

スパイダーマンを喰う存在感!? 人気のスーパーヴィランたち

『ヴェノム』11月2日公開 (C)&TM 2018 MARVEL

マーベル・コミック『スパイダーマン』の人気ヴィラン(悪役)、ヴェノムを主人公にした『ヴェノム』(11月2日公開)。マーベル映画を通して初の悪役主人公ということもあって、公開前からの注目度が高く、すでに公開された地域での全世界興収は4億6,000万ドルを突破しています。

『スパイダーマン』の実写化作品と言えば、これまでに6本が制作されていますが、どの作品にも個性的なヴィランが登場し、スパイダーマンと並ぶ人気を誇っています。彼らの多くが元は普通の人間であり、それぞれが悪に陥るに至る悲しい過去を背負っていました。ここでは、これまでスクリーンを賑わせてきた人気のヴィランたちをピックアップし、その特徴やバックボーンを紹介していきたいと思います。

サム・ライミ版『スパイダーマン』に登場した個性派ヴィランたち

『死霊のはらわた』(1981年)や『ギフト』(2000年)などの作品で、カルト的な人気を得ているサム・ライミ監督が、2002年から2007年にかけてメガホンをとった『スパイダーマン』シリーズ。3作品が製作され、世界中で大ヒットを記録しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >