2018/10/31 12:00

ぎゃああ!伝説ホラーの40年後『ハロウィン』最新作、日本公開決定

『ハロウィン(原題)』2019年4月、全国公開|配給:パルコ(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ハロウィンのアメリカを舞台に、殺人鬼・ブギーマンの恐怖を描く名作ホラーシリーズ最新作『ハロウィン(原題)』が、2019年春に日本公開されることが明らかとなった。

ブギーマンの恐怖ふたたび…

1978年、ハロウィン前夜に殺人鬼マイケル・マイヤーズが精神病棟を脱走。10月31日、ハロウィンの夜に街で多くの人が襲われ、犠牲になるという戦慄の事件が起きた。この殺人鬼は動機や感情が不明のため“ブギーマン”と名付けられ人々から恐れられた。事件で生き延びた唯一の生存者ローリー・ストロードは再び精神病棟に収監されたマイケルがいつかまた目の前に現れることを想定し、訓練を続けていた。そして、40年経ったハロウィンの日に、その悪夢は現実のものとなる――

本作は、鬼才ジョン・カーペンターが生み出した1978年公開のホラー映画『ハロウィン』のシリーズ最新作。ハロウィンが行われるアメリカを舞台に殺人鬼・ブギーマンと恐怖を煽る象徴的な音楽で、全米を中心に世界中で多くのファンを持つ人気シリーズだ。最新作は、第1作目の40年後を描く直接の続編となる。すでに公開となったアメリカでは、公開週の週末3日間で約7,750万ドル(約85億円)の興行収入を記録。2週目のBox Office週末ランキングも1位を飾り、累計興行収入は約1億26,70万ドル(約139億円)と、2週連続全米No.1ヒットを記録している。(※)

主演のローリー・ストロード役は1978年版の『ハロウィン』で同役を務め、絶叫ホラークイーンとして名を知らしめたジェイミー・リー・カーティス。1978年版『ハロウィン』で監督を務めたジョン・カーペンターが製作総指揮と音楽を担当し、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『ゲット・アウト』を世に送り出したジェイソン・ブラムが製作を務め、新たな恐怖を創出する。メガホンをとるのは『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督。映画は2019年4月に全国公開。

※Box Office Mojo調べ・1ドル110円換算

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >