2018/10/31 17:00

ついに公開!黒木華&野村周平で実写映画化『ビブリア古書堂の事件手帖』

(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

三上延の人気文芸ミステリーシリーズを、黒木華と野村周平のW主演で実写映画化する『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)より公開となる。

すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった

ビブリア古書堂の事件手帖

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを――

ビブリア古書堂の事件手帖

鎌倉の片隅に佇む「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子が、古書にまつわる謎を解き明かしていく三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズは、日本中の文芸ファンから熱い支持を受け、本の雑誌が選ぶ「この40年間の書籍ベスト」第1位に選出されるなど数々の賞を受賞し、これまで累計680万部を超える人気シリーズとなっている。実写映画化でメガホンをとるのは、『幼な子われらに生まれ』で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別賞に輝いた三島有紀子監督。脚本は渡部亮平と松井香奈が担当する。

ビブリア古書堂の事件手帖 黒木華

極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力を持つ栞子を演じるのは、今年数多くの映画に出演する人気実力派女優の黒木華。そして栞子に魅せられ店を手伝うことになる、過去の出来事から本が読めなくなった青年・五浦大輔を、野村周平が人間味豊かに演じる。

ビブリア古書堂の事件手帖 野村周平

さらに、大輔の亡くなった祖母・五浦絹子の若き日を、清楚な役柄からアクション、更には艶やかな役まで幅広いキャラクターを演じ分け各界から高い評価を受ける個性派女優・夏帆。

ビブリア古書堂の事件手帖 夏帆

そして、その絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄を、映画やドラマなど出演作が絶えない俳優の東出昌大が演じる。

ビブリア古書堂の事件手帖 東出昌大

また、栞子の同業者で、漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣を映画、ドラマ、CMなどさまざまな分野で活躍する若手最注目俳優の成田凌が演じる。

ビブリア古書堂の事件手帖 成田凌

主題歌は、今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズの新曲『北鎌倉の思い出』。桑田佳祐が作詞・作曲した楽曲を原由子の歌声が優しく包み、情緒ある「ビブリア」の世界観を表現する。

本に導かれ、《過去》と《今》が交差する極上の感動ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』は11月1日(木)より全国ロードショー。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >