2018/11/06 08:00

映画『愛唄』予告公開!主題歌はGReeeeN×現役高校生バンド・No title

(C)2018「愛唄」製作委員会

GReeeeNの名曲をベースに、横浜流星の主演、清原果耶、飯島寛騎らで描く『愛唄 -約束のナクヒト-』の予告映像が公開された。また、特報映像にも収められ謎のベールに包まれていた楽曲の詳細も明らかとなった。

横浜流星が初ナレーションをつとめる予告解禁!

平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル(横浜流星)。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪(清原果耶)。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった――

愛唄 -約束のナクヒト- ポスター

(C)2018「愛唄」製作委員会

本作は、GReeeeNの名曲「愛唄」をベースに、手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、GReeeeNが初めて脚本に参加し描きだす。タイトルにもなっている「ナクヒト」とは、涙するほど全力な人のことで、GReeeeNによる造語。主演を横浜流星がつとめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が集結する。メガホンをとるのは川村泰祐監督。

このたび解禁となった予告映像は、GReeeeNの名曲「愛唄」に合わせて、ノートに“愛唄”という文字が書かれるシーンから始まる。

自分の人生のタイムリミットを知ったトオル(横浜流星)が、4年前に亡くなったはずの少女・伊藤凪(清原果耶)に出会い、友人の龍也(飯島寛騎)と喜ぶシーンをはじめ、恋も友情も知らなかった主人公の運命が動き出したかのように、平凡な毎日の風景が猛スピードで映し出されていく。映像では、成海璃子、野間口徹、財前直見、中山美穂ら脇を固める豪華俳優陣の姿を確認することができる。

青森県出身の現役高校生バンド「No title」がフィーチャリング

また特報映像にも収められていた、謎のベールに包まれていた楽曲の詳細も明らかになった。GReeeeNが本作のために書き下ろした同曲のタイトルは「約束 × No title」。GReeeeNとともに主題歌を歌う青く澄み切った歌声は、2017年にLINE社主催のオーディションでグランプリに輝いた、あんべ(Gt)、ほのか(Vo&Gt)、ポチ(Piano)の3人からなる、青森県出身の現役高校生バンド「No title」のもの。

No title

No title

今回の起用に関してGReeeeNのプロデューサー・JINは「この曲には曲の構成として女性の声が必要でした。そして、映画の内容を踏まえ、現役高校生のバンドに依頼をしました。レコーディングを通して『約束』って、素敵なものに出来るかは自分次第だと言うことを改めて理解しました」と起用の理由を明かす。さらに本作のプロデューサー・小池賢太郎は「JINさんから、主題歌として、No titleさんの歌を、はじめて聞かせてもらい、透き通った揺るぎのない歌声なのに、どこか、切なくも懐かしさを感じました。ほのかさんは、トオル、龍也、そして凪の近くにいるもう一人の友達なんだと思いました」とコメントしている。映画は2019年1月25日(金)より全国公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >