2018/11/09 18:00

水着姿もほとばしるっ!青春炸裂な『チワワちゃん』場面写真が到着

岡崎京子の同名人気コミックを、門脇麦主演で実写映画化する『チワワちゃん』の場面写真がdmenu映画に到着した。

友だちの死をきっかけに揺れる若者たち

SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった――

チワワちゃんsub3

本作は、『ヘルター・スケルター』や『リバーズ・エッジ』など、1980年代~90年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が1994年に発表した同名コミックを実写化する作品。マスコット的存在だった女の子“チワワちゃん”のバラバラ遺体が発見されたことをキッカケに動き出す、若い男女グループのドラマをエモーショナルに描く。

チワワちゃんsub5

主人公のミキ役を門脇麦が演じるほか、成田凌、寛 一 郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎ら20代の実力派俳優が集結するほか、マドンナのバックダンサーもつとめた世界的ダンサー仲万美をはじめ、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本妃代など映画やドラマ、CM、舞台など様々なフィールドで活躍するマルチな才能の面々のほか、松本穂香や成河らが共演に名を連ねる。メガホンをとるのは新鋭・二宮健監督。

チワワちゃんsub1

このたびdmenu映画に到着した場面写真は計10枚。チワワとミキがネオンに染まった街で笑い合っている姿や、チワワを取り囲む仲間達が旅行鞄を持ってバスを待つ姿や、クラブで騒ぐ姿や水着姿で騒ぐ様子など、彼らの“若さ”や“青春”といった要素が炸裂しているものが中心となっている。

チワワちゃんsub6

また今回、チワワが劇中で踊るシーンで使用される楽曲として、若手UKバンドPale Wavesの「Television Romance」が使用されることも明らかとなった。選曲理由について二宮監督は「全編を通してゲーム的で現代的な音楽が流れるので、1曲はお客さんとの懸け橋にしようと思って選んだ曲です。歌詞もチワワの気持ちにリンクしているし、この曲にのって踊るチワワを見せたかったというのもあります」と語っている。映画は2019年1月18日(金)より全国ロードショー。

チワワちゃんsub4

チワワちゃんsub9

チワワちゃんsub8

チワワちゃんsub2



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >