2018/11/16 06:30

【美映像】思わずウットリ…1年かけ同カットで撮影したブルゴーニュの2本の桜

(C)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

フランス・ブルゴーニュのワイナリーを舞台に、人生の熟度を味わうヒューマンドラマ『おかえり、ブルゴーニュへ』より、ブルゴーニュの美しい四季折々の風景を映し出した冒頭3分間の映像が解禁となった。

ワインの名産地ブルゴーニュの美しい四季折々の風景

フランス・ブルゴーニュ地方にあるドメーヌ(※)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去った。その間、家族とは音信不通だったが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってくる。家業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまう。残されたブドウ畑や自宅の相続をめぐってさまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めてのブドウの収穫時期を迎える。3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあうが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていた――

※…ブルゴーニュ地方のワイン生産者を表す用語。自らブドウ畑を所有し(畑の賃借も含む)、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産者

おかえり、ブルゴーニュへ ポスター

本作は『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』などで知られるセドリック・クラピッシュ監督の4年ぶりの新作。これまで都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきた監督が、自身のキャリア12作目にして、初めて田舎を舞台に自然撮影に挑み、さらなる新境地を開いた人間ドラマを描きだす。

このたび解禁となったのは、本作の冒頭3分間の映像。ブルゴーニュの葡萄園に詳しい写真家ミシェル・ボードワンの協力のもと、1年かけて毎週(1日の同じ時間に)同じ場所・同じカットで撮影された2本の桜の木の52枚の写真と動画を基に構成している。

おかえり、ブルゴーニュへ1670

新緑の季節に始まり、全てが色づき始める秋、真っ白な雪景色が印象的な冬、そしてまた新しく始まる眩しい季節へと、次々と移り変わっていくブルゴーニュの溢れる自然と美しい四季の風景の映像が、朝起きて葡萄畑を眺めるたびに「毎朝違う」と感じ取っていた主人公・ジャンの多感な少年時代、葡萄畑を継げという父親に反抗し「世界を見るために」ブルゴーニュを飛び出した⻘年時代、父の病状悪化を知り故郷へと戻ってきた10年後の姿など、彼自身の心象風景とリンクする映像となっている。

映画は11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。

(C)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >