2018/11/19 12:00

予告動画解禁!安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

(C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

『情熱大陸への執拗な情熱』などで知られる宮川サトシの同名人気エッセイ漫画を映画化する、安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の本予告映像が公開となり、あわせて主題歌をBEGINが担当することが明らかとなった。

母への大きな愛「それくらい、愛してる」

頼りないが優しい息子・サトシ(安田顕)と明るくてパワフルな母・明子(倍賞美津子)。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里(松下奈緒)に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。そして……母と別れて1年後、やっと家族それぞれが新たな人生へのスタートをきった頃、サトシの元に突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた特別な贈り物だった――

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 ポスター

(C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

本作は作者の宮川サトシが実際に体験した母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活の日々を母親への溢れる愛情をふんだんに散りばめて描いた同名人気エッセイ漫画を実写映画化する作品。主演は、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる俳優の安田顕。倍賞美津子、松下奈緒、石橋蓮司、村上淳らが脇を固める。メガホンをとるのは、『さよなら渓谷』『日日是好日』の大森立嗣監督。

このたび公開となった予告映像は、BEGINが本作のために書き下ろした楽曲「君の歌はワルツ」にのせ、お調子者の息子・サトシ(安田顕)とパワフルな母・明子(倍賞美津子)のコミカルで微笑ましい日常のやりとり、そして突如訪れる母へのガン宣告と、コミカルな部分とシリアスな部分を交互に織り交ぜながら本作の魅力を詰め込んだものとなっている。

BEGINの島袋優は書き下ろし主題歌について「実は僕も母親を亡くしてて、あの時こうすれば良かった、もっとできたんじゃないかっていう胸の葛藤だったりいろんな感情が入り混じった時期が長くあったけど、それをすごくやさしく暖かく描いた映画だなと思いました。今回の楽曲は来年も再来年もこの先いつ聴いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました」とコメント。また劇中の音楽は「あまちゃん」の大友良英が担当する。映画は2019年2月22日(金)より全国順次ロードショー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >