2018/12/01 12:00

「東映まんがまつり」29年ぶり復活!2019年GWにアニメ4本立てで

(C)2019東映まんがまつり製作委員会

子供向け映画をまとめて上映する「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活し、2019年4月に劇場公開されることが明らかとなった。ラインナップは『おしりたんてい』『爆釣バーハンター』『うちの3姉妹』『りさいくるずー』の4本立てとなる。

名作アニメを送りだした「東映まんがまつり」が復活

「東映まんがまつり」は、1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトルのひとつ。宮崎駿監督はじめ、名だたるアニメーター、クリエイター達も数多く参加していた。またアニメ作品だけでなく、実写作品『フィンガー5の大冒険』や『がんばれ!!ロボコン』などさまざまなジャンルの作品が上映されてきた。「東映まんがまつり」という呼称は1990年の春まで使われており、今回で29年ぶりの復活となる。

東映まんがまつり 2019 作品

今回のラインナップは、絵本・読み物がシリーズ累計500万部を超え、NHK Eテレで12月1日よりレギュラー放送が開始される「おしりたんてい」。2018年4月より「月刊コロコロコミック」で連載開始、10月からはテレビ東京系でテレビアニメが放映開始となった「爆釣バーハンター」。

東映まんがまつり 2019 ラインナップ

2005年に開設したブログ「うちの3姉妹」が人気となり、単行本、2008年からテレビ東京系にてテレビアニメの放映と、小学生女子に根強い人気の「うちの3姉妹」。そして、ダンボール工作が動くマカフシギなアニメーション「りさいくるずー」の計4本立てでの上映となる。

今回の復活について、東映アニメーションの浅間陽介プロデューサーは「いま本当に子ども向けのアニメ映画って少ないんじゃないかな、と感じることが多くなりました。今回、1960~80年代にかけて親しまれた『東映まんがまつり』の呼称を復活させた理由としては、本当の子ども向けの映画を、映画館という空間で子どもたちみんなで楽しんでいただきたいという気持ちからです。いろんな作品の詰まった玉手箱のような『東映まんがまつり』を、是非ゴールデンウィークにお楽しみいただければと思います」とコメントを寄せている。「東映まんがまつり」は、2019年4月26日(金)より全国ロードショー。

 



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >