2018/12/09 11:00

5館→1042館に拡大!R・レッドフォード引退作、日本公開決定

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

名優ロバート・レッドフォードの最新作であり、惜しまれつつも俳優引退作となる『THE OLD MAN&THE GUN(原題)』が2019年夏に全国公開されることが決定した。

ロバート・レッドフォード、俳優引退作は伝説の銀行強盗犯

1980年代初頭から、アメリカ各地で銀行強盗事件が頻繁に多発。その犯人は、度重なる銀行強盗とそれによる逮捕と脱獄を繰り返していたが、その犯行スタイルはいわゆる強盗のイメージを覆すような、発砲もしなければ暴力も振るわない、礼儀正しい紳士的な老人だった――

本作は、15歳で最初に投獄されて以来、強盗と脱獄を繰り返し、その犯行スタイルから伝説となっている実在の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブ・ストーリー。フォレスト役を演じるのは、ハリウッド屈指の美男俳優として数多くの映画に出演し、本作が俳優引退作となるロバート・レッドフォード。さらにタッカーを追う若き刑事ジョン・ハントをケイシー・アフレックが演じるほか、シシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、ミュージシャンのトム・ウェイツらが脇を固める。

「脚本を読んだ時に、あまりに面白く、まるで夕日に向かって消えていくガンマンのイメージだと思い、これなら最後の作品にふさわしいと思った」と語るレッドフォード。先に公開となったアメリカでは、限定5館で公開スタート、口コミから話題となり1,042館に拡大上映を果たしている。先日発表となった第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネートでは、ミュージカル/コメディ部門の主演男優賞にノミネート。レッドフォードのノミネートは、『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』(2013年)以来、11回目となる。

オールド・スタイルの二枚目を演じ続けてきたレッドフォード。現在82歳の彼が、約60年に及ぶキャリアの最終地に、どのような演技を魅せてくれるのか。映画は2019年夏、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >