2018/12/17 07:00

さんまもマジコイ(?)な中島健人、男性人気の秘密はお笑いセンス!?

12月21日に主演映画『ニセコイ』が公開されるSexy Zone・中島健人。今年はドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(日本テレビ系)で主演、年末には歌手として紅白歌合戦にも出演と、その活躍ぶりはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。女性人気を欲しいままにしている中島だが、実はいま、世の男性たちからも熱い視線が注がれている。その理由は、どうやら中島の持つ“お笑いセンス”にあるようだ。

当意即妙、人気の秘密は抜群の“お笑いセンス”!?

端正なルックスと豊かな演技力で活躍中の中島だが、その人気をスターダムへとのし上げたのは、中島の代名詞ともいえる“王子様キャラ”だろう。

2016年7月7日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)では、その王子様ぶりが本物であるかを検証すべく、番組が架空の握手会をセッティングして隠し撮りを行った。中島は「生まれてきてくれてありがとう」とのファンの言葉に「あなたのために生まれてきた」とサラリと答えてみせたり、「ずっと王子様でいてください」の言葉には「ずっとお姫様でいてください」と男前に返したりするなど、徹底した王子様ぶりを見せた。

さらに40代の男性ファンに「おっさんのファンはウザくないすか?」と聞かれた中島が「うれピー」と喜ぶ姿や、「(自分の容姿を引き合いに出して)ハゲでも?」と畳みかける男性に対し「まぶしい」とユーモアを交えて返し、男性を笑顔にさせる一幕も。いかなるコメントにも瞬時にウィットに富んだ対応ができる中島の“お笑いセンス”の高さが、はからずも証明されることとなった。

番組終了後、SNSでは「ケンティー、かっこいい」「本物の王子様!」といった古参の女性ファンの声のほか、「機転の利いた返しが、もはや芸人並み」「中島と話してみたい」「俺にも何か面白い一言くれ!」など中島のキレのある“お笑い力”を称える男性視聴者の声が飛び交った。

林先生、King & Prince岸、ついにはさんまも中島に“マジコイ”!?

芸能界にもファンが少なくない中島は、持ち前のユーモアセンスで共演者らも次々虜にしている。「林先生が驚く 初耳学」(TBS系)で中島と共演中の林修は、以前から中島を“ケンティー”と呼び懇意にしていることを明かしていたが、2016月4月2日放送の「王様のブランチ」(同系)で「(僕は)イケメンが好きなわけじゃないんです。中島健人くんが好きなんですよ!」との言葉で“中島好き”を堂々告白した。

中島が虜にするのは、年上男性だけではない。映画『ニセコイ』で、中島演じる主人公・楽(らく)の親友・集(しゅう)に扮する中島の後輩、King & Princeのメンバー・岸優太は、11月8日に行われた同作のスペシャルステージ&完成披露舞台挨拶にて、「“ニセコイ”でいいので、僕と付き合ってください。男としても好きです」と中島に公開告白。中島が「オッケー。僕がお前の“King & Prince”になってやる」とノリよく返すと、大歓声が巻き起こった。

さらに、お笑い界の大御所・明石家さんまも中島にハートを射抜かれたひとりである。さんまは、今年7月19日、中島がレギュラー出演中の「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にゲスト出演し、中島を「ジナカ」のニックネームで親しげに呼んだばかりか、「ジナカって呼ばれたの初めて」と戸惑いつつも笑顔を返す中島に対し、「俺だけのものにしたいねん」と独占欲まで見せていた。

その後も、鯨鍋を食べた中島が番組内でおなじみの「サンキューデリシャス」の決め台詞を口にすると、「よう、こんな思い切ったことする勇気あるな!」と大喜び。黒毛和牛フィレ肉のグリエと鰻を食した中島が「メルシーボークー セクシーボークー」とカメラ目線でコメントすると「いいね!」と、ナインティナインが嫉妬するほど、中島のコメントを絶賛した。中島の笑いのセンスは、お笑い界のドンであるさんまからのお墨付きとなったようだ。

間もなく封切りとなる『ニセコイ』では、コメディタッチの芝居だけでなく、ハイテンションの変顔も披露する中島。お笑い界の大御所も認めるお笑いセンスを生かして、同作では新たな笑いも見せてくれるだろう。

(文/ナカニシハナ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >