2018/12/14 15:00

若手俳優・杉野遥亮…が熱い!イケメンだけじゃない素顔の魅力

杉野遥亮が演じる多田竜二(写真一番右)/(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

この秋、吉沢亮主演作『あのコの、トリコ。』(全国公開中)、「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系)など話題作に出演中の若手俳優・杉野遥亮。最新出演作となる土屋太鳳主演の青春物語『春待つ僕ら』(公開中)では、北村匠海ほか人気若手俳優たちと共に中心となるバスケ部員の1人を熱く演じています。

モデルとして芸能界入り。事務所の先輩は松坂桃李、菅田将暉!

松坂桃李に憧れ、2015年にファッション雑誌「FINEBOYS」の専属モデルオーディションでグランプリを獲得して芸能界入りした杉野遥亮。

モデル活動と平行して、ミュージックビデオや「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日テレ系)に出演。2017年には、事務所の先輩である松坂桃李、菅田将暉らと共演した『キセキ -あの日のソビト-』でGReeeeNのメンバーの1人を演じ、華々しい映画デビューを飾っています。

その後は、『兄に愛されすぎて困ってます』(2017年)で土屋太鳳扮する主人公の友人役、『覆面系ノイズ』(2017年)ではオエネ言葉の金髪ベーシスト役、そして今年は『あのコの、トリコ。』で吉沢亮扮する主人公と、し烈な恋のバトルを繰り広げる超人気イケメン俳優役を体現。

その一方、この秋から全国で順次公開中の池脇千鶴主演作『きらきら眼鏡』では、大切な人を亡くした主人公の友人役を等身大に演じています。

急成長中のイケメン俳優ながら、素顔はお茶目で天然!?

身長185cmで元バスケ部という杉野。映画にドラマにCMにと精力的に活動する急成長中のイケメン俳優ながら、そのお茶目すぎる素顔も話題になっています。

ラジオバラエティー「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にゲスト出演した際には、松坂桃李ファンであることを菅田にイジられたかと思えば、そのことを受けて菅田に「だから、僕は松坂さん派です」と返して笑いを誘うなど、高いトークスキルを披露。

また、『あのコの、トリコ。』の舞台挨拶では、共演したヒロイン役の新木優子に「天然なことをして、みんなを笑わせてくれました」。そして監督からは「子犬みたいな感じ」とコメントされるなど、周囲を和ませる“天然愛されキャラ”であることも判明しています。

春待つ僕ら

(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

最新作『春待つ僕ら』ではバスケ部男子を熱演

そんな杉野が出演する最新作は、『ROOKIES-卒業-』(2009年)の平川雄一朗監督と『君の膵臓をたべたい』(2017年)のプロデューサーが贈る『春待つ僕ら』。人付き合いが苦手な少女が、バスケ部の男子4人と出会ったことで成長していく青春模様を描きます。

高校に入学してもなかなか友達ができない美月(土屋太鳳)。ある日、美月のバイト先のカフェに、同じ高校のバスケ部の永久(北村匠海)、恭介(磯村勇斗)、竜二(杉野)、瑠衣(稲葉友)がやって来ます。

杉野が演じた竜二はバスケ部のリーダー的存在で、美月と同じカフェで働く年上女性に想いを寄せる熱い男。ストレートな物言いをする竜二を、杉野は裏表のない魅力的な人物として力強く演じ、得意のバスケでスポーツシーンを盛り上げています。

竜二たちは、美月の小学校時代の幼馴染で高校バスケ界の期待の選手・亜哉(小関裕太)と全国大会で激突! バスケ、友情、恋が同時進行する目が離せない展開に、片時もスクリーンから目が離せません。

2019年はすでに『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日公開)、『居眠り磐音』(5月17日公開)の公開が控える杉野遥亮。今後の活躍はもちろん、そのお茶目な動向にもご注目あれ!

(文/足立美由紀・サンクレイオ翼)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >