2019/01/10 11:00

【インタビュー】門脇麦&吉田志織が考える「大人になる」とは?

『ヘルタースケルター』などで知られる岡崎京子の同名人気コミックを、二宮健監督が実写化した映画『チワワちゃん』。若い男女のグループのマスコット的存在だった少女「チワワ」がバラバラの遺体となって発見され、残された仲間の一人・ミキが実は本名も境遇も知らなかった彼女との思い出をたどっていく。

青春を謳歌しながらもどこか冷めた目でチワワや仲間を見つめる主人公・ミキを演じた門脇麦、そして周囲を惑わすつかみどころのない少女・チワワを演じた吉田志織の二人を直撃。作品への思いやそれぞれの青春時代について語ってもらった。

チワワちゃん 門脇麦 インタビュー写真

グッとくる暇もないのにグッとくる作品

―それぞれ、演じた役に共感するところはありましたか?

門脇麦(以下門脇) 私自身、キャストの中でも年齢が上で、撮影の時は今この現場で自分がすべきことは何か、ということしか考えていませんでした。でもそれは、俯瞰して周りを見ているミキとすごく共通する部分で、ミキと同じ視点で私自身も現場にいられたというのが、今振り返ると役とリンクしていて良かったではないかと思います。

吉田志織(以下吉田)チワワはちょっと突拍子もないというか、「やりたい」と思ったら一回考えるんじゃなく、「やりたいからやるの」みたいなところがあります。それは私も似ていてすごくわかるなと思いました。

チワワちゃん

『チワワちゃん』より(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

―ミキとチワワ、どちらにより共感を覚えますか?

門脇 ミキとチワワだったら、私は確実にミキ派だと思います。

吉田 私はミキとチワワ、半分半分な気がします。ミキの、言わないけれど想っている…という女の子特有の気持ちもわかるので。

―非常にキラキラしてビビッドな美しい映像作品に仕上がっていますが、完成作品を観てどう思われましたか?

門脇 物語が怒涛の展開で進むしテンションの高い映像が続くので、思考と感情が追いつかないままエンディングが来て、エンドロール中にやっと彼らに対するいろいろな感情がすとんと落ちてくる不思議な感覚になりました。観ている間は感情が動く暇もないのに、何だかグッとくる。それは本当に二宮監督マジックだと思いました。

あと、現代に置き換えられているとはいえ、ちょっとバブル時代の匂いがするんです。そのおかげで、岡崎京子さん世代の方にもリアリティが感じられる作品で、若い方はもちろん、幅広い年齢層の方たちに響く作品になっているのがいいなと思いました。

チワワちゃん 吉田志織 インタビュー 女優

吉田 人と人とのつながりが心に残りました。感じ方がそれぞれ違う人たちが、一瞬同じものに熱くなって一緒に楽しいことをしていたのに、何か一つが崩れてしまうとそこで変わってしまう……みたいな、それって何なんだろうなと。

それと、チワワの友人関係は、私自身が大切にしている友だちとの関係は全然違うなと。自分が死んだときに、「たぶんこの人は泣いてくれるだろうな」と思える人がいるのは、実は当たり前ではなく、自分は恵まれていると感じました。身近な人たちを、もっと感謝して大切にしなくちゃいけないと、考えさせられた映画でもありました。

学生時代は「帰りにおでん」

チワワちゃんsub3

『チワワちゃん』より(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

―作品の中で登場人物たちが青春を謳歌していますが、お二人自身の学生時代の印象深い思い出は?

門脇 私は学生時代にバレエをやっていたので、いわゆる“青春らしい”ことは、学校の同級生よりもバレエの友だちとしていて、レッスンの帰りにおでんを食べながら帰っていました(笑)。当時は本気でプロのダンサーになりたくて頑張っていたので、共に戦っている仲間のほうが、より密な関係になりやすかったのかなと思います。

吉田 私は中学校でバドミントン部に入ってたのですが、地元が北海道で本当に寒いので、みんなで「寒い~」って言いながら帰ったりしていましたね。私も、帰りにみんなでコンビニに寄っておでんを食べてましたね(笑)。

―お二人ともおでんの話が出たのでお聞きしますが……おでんで好きな具は?

門脇 はんぺんです。

吉田 餅巾着が好きです。

2019年は健康を大切にして仕事も頑張る!

―本作では気ままに楽しんでいた若者たちが子どもから大人になるときを迎えます。お二人は「大人になる」というのは、どういうことだと思いますか?

吉田 難しいですが……勘違いが減るっていう感じかな。若いときって「恋」を「愛」だと思っていたり、「これは一生続くもの」だと思っていたりします。それってたぶん経験がないからで、それを大人に相談したら「いや、まだあなたは年が若いから」って言われますよね。30歳くらいになったら現実味を増して勘違いも減っていって、「こういうものなんだ」ってわかってくるのかなと。

門脇 背負う責任の重さとかもあるのかなと。私自身でいうと、以前はまっすぐぶつかっていくことしか知りませんでした。だけど、考え方や視点を変えたり、今まで使っていたのとは違う言葉を選んだりして、物事や人に対して折り合いをつけていくみたいなことが自然とできる瞬間が最近増えてきたような気がします。そういうときに昔のヒリヒリ感がなくなっていることへの焦りと同時に、「ああ、大人になったんだな」と思いますね。

チワワちゃん 門脇麦 インタビュー映画

―劇中でミキやチワワが大金を手に入れるシーンがありますが、もしも実際に大金を手に入れることがあったら、何に使ってみたいですか?

吉田 それがいいお金であれば、家族とおいしいものを食べたり、旅行に行ったりしたいです。今は寒いところに行きたいんです。南極でシロクマとかオーロラを見てみたい。地元の北海道では、すごく寒いのがわかっているから着込むし、家では床暖房とかもあったんですけれど、今住んでいる東京は壁が薄いのか、家が寒くて「この寒さは望んでいない」と思うので、ちゃんと気合を入れて着込んでいくような寒い場所に、冬の清んだきれいな景色を見に行きたいです。

門脇 夢のない話をするなら「家を買いたいので頭金にしたい」ですが(笑)、夢のある話をするなら、私も旅行です。普段アウトドアな旅行が多いので、そうじゃない、5日間くらいファーストクラスに乗ってリゾートホテルのスイートルームに泊まって、シャンパンを開けて……みたいな、長々と旅行するんじゃなくて短期間でガッとお金を使う旅がしてみたいです。

チワワちゃん 吉田志織 インタビュー写真

―2019年になりましたが、2018年はどんな年でしたか?そして、今年をどんな年にしていきたいかを教えてください。

吉田 2018年は『チワワちゃん』がかなり頭の中を占めていて、自分の中で燃え上がる年だったんですが、2019年もそのまま自分の夢に向かっていきたいです。最近、身体が気になっていて、あまり夜寝られなくて、友だちの話だと寝言をすごく言っているみたいなんです。釣りの夢を見て「たくさん釣れた」とか(笑)。だから、すやすや眠れるように身体のケアをしっかりして健康を大切にして、仕事も頑張っていけたらと思います。

門脇 2018年はゆっくりした年だったので、2019年は一生懸命働きたいなと思います。年齢的に身体の変わり目という事もあるかもしれないのですが、体調のコントロールが日に日に難しくなってきているので、しっかり体調を整えていきたいです。身体と心は直結しているので、心身ともに健康で、そして仕事を頑張るっていうバランスがとれるようになりたいです。

(取材・文:田下愛/写真:横村彰)

チワワちゃん 門脇麦 吉田志織 インタビュー写真

門脇麦(スタイリスト:伊藤信子/ヘアメイク:石川奈緒記)
吉田志織(スタイリスト:津野真吾[impiger]/ヘアメイク:YOSHi.T)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >