2019/01/16 08:00

すべて声のみ!横浜流星&清原果耶&飯島寛騎が歌う「愛唄」特別映像

(C)2018「愛唄」製作委員会

GReeeeNの名曲をベースに、実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で描く『愛唄 -約束のナクヒト-』から、主演の横浜流星と、清原果耶、飯島寛騎が歌う「愛唄」の特別映像を公開した。

バックミュージックも3人の声で生成!

愛唄 -約束のナクヒト- ポスター

『愛唄 -約束のナクヒト-』は、GReeeeNの名曲「愛唄」をベースに、手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、GReeeeNが初めて脚本に参加し描きだす作品。タイトルにもなっている「ナクヒト」とは、涙するほど全力な人のことで、GReeeeNによる造語。主演を横浜流星がつとめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が集結する。メガホンをとるのは川村泰祐監督。

このたび公開された映像は、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎がGReeeeNの「愛唄」を歌う特別映像。楽しげに会話する姿やレコーディング風景に合わせて、3人の歌が紡がれる。

愛唄 -約束のナクヒト- アカペラ映像

本家GReeeeNのプロデューサーでもあるJINのプロデュースにより作成された今回の音源は、バックミュージックに楽器などは使わず、横浜、飯島、清原三人の声だけで生成した特殊なアレンジ。各音階の各々の声を“素材”として収録し、加工を加えてバックミュージックとして使用しており、最初から最後まで全て3人の声による「愛唄」となった。

横浜は『キセキ ―あの日のソビト―』でグリーンボーイズとしてCDデビューしており、さらにはGReeeeNのプロデューサーで本作の音楽プロデューサーでもあるJINのプロデュースのもと、ソロデビューも果たしている。主人公トオルの気持ちで臨んだという横浜は「明るく、というアドバイスをいただいて、笑顔で口角をあげて歌いました」と明かしている。

また、劇中でも「愛唄」で飯島と共にその歌声を披露している清原は「凪を演じてから『愛唄』への想いがより一層深いものになりました」と語り、飯島は「本編中の歌唱よりも、柔らかく愛のある感じで唄った」と振り返っている。映画は2019年1月25日(金)より全国公開。

(C)2018「愛唄」製作委員会

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >