2019/01/18 06:00

斎藤工主演『麻雀放浪記2020』特報映像、解禁!

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

阿佐田哲也の小説「麻雀放浪記」を、主演・斎藤工、監督・白石和彌でリブートする映画『麻雀放浪記2020』の特報映像が公開された。

1945年の「戦後」から、2020年の「戦後」へ

主人公・坊や哲(斎藤工)がいるのは、2020年の“未来”。なぜ? 人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている……。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった……嘘か? 真か!? 1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは――

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」をベースに、35年ぶりにリブートして映画化する作品。原作小説を原案に、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。舞台を1945年から2020年へと移して、主人公・坊や哲がタイムスリップした未来で麻雀での死闘を繰り広げる。

主演は、10年の歳月をかけて映画化を熱望していた斎藤工。さらに、チャラン・ポ・ランタンのもも、ベッキー、竹中直人、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫ら個性豊かな面々が脇を固める。メガホンをとるのは白石和彌監督。

このたび公開された特報映像は、戦後、果てしなく焼け野原となった東京を彷徨う“坊や哲”の後ろ姿から始まる。「伝説の傑作小説よ、さらば。」という言葉とともに、舞台はモノクロの1945年から2020年へと切り替わっていく。昨年末に行われた日刊スポーツ映画大賞の授賞式にて白石和彌監督は「この新作、僕は大まじめに作った大傑作だと思うが、問題がありすぎて公開が危ぶまれている。気が気でない」と本作について言及。映像の最後には、「これでいいのか、ニッポン」というメッセージが添えられ、本作への期待を煽るものとなっている。映画は2019年4月5日(金)より全国ロードショー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >