2019/01/18 08:00

『メリー・ポピンズ リターンズ』ミュージカルシーンを初公開!

(C)2018 Disney Enterprises Inc.

『メリー・ポピンズ リターンズ』から、エミリー・ブラント演じる魔法使いメリー・ポピンズが歌うミュージカルシーン映像が初公開された。

エミリー・ブラントが歌うミュージカルシーン初解禁

ロンドンのバンクス家は、母を亡くした悲しみから抜け出せずにいた。そんな時、空から舞い降りたのは、魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)。ちょっと“上から目線”のエレガントな彼女が、一風変わった方法でバンクス家の子供たちの“しつけ”を開始。バスタブの底を抜けて、海底探検に! 絵画の世界に飛び込み、華麗なるミュージカル・ショーを!! でも――彼女の本当の魔法は、まだまだ始まったばかりだった――

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー・ブラント

ウォルト・ディズニーがそのヒロイン像に惚れ込み、最も映像化を望んだと言われるP・L・トラヴァースの小説「メリー・ポピンズ」は、ディズニー・スタジオ製作で1964年に映画化。実写とアニメーションが織り交ぜられた革新的な映像と印象的な音楽やダンスで彩れた名作として、今もなお世界中で愛され続けている。最新作となる本作の舞台は前作から20年後で、「メリー・ポピンズ」の原作が執筆された時代でもある大恐慌時代のロンドンを元に描く。

メリー・ポピンズ リターンズ サブ4

主演のメリー・ポピンズを演じるのはエミリー・ブラント。そして『モアナと伝説の海』で作曲・歌を担当したリン=マニュエル・ミランダが、街灯点灯夫でメリーの古くからの仲間のひとりジャックを演じるほか、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーら主演級俳優が脇を固める。さらに、前作でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクも再出演する。メガホンをとるのは前作の大ファンであると公言するロブ・マーシャル監督。

メリー・ポピンズ リターンズ ミュージカル映像 Can You Imagine That?

このたび公開されたのは、メリー・ポピンズが魔法を使い、普通のお風呂がワクワクの海底探検に大変身するミュージカルシーンで、エミリー・ブラントが歌う「Can You Imagine That?」が収められている。母親を失って子供心を忘れてしまったバンクス家の子供たちに、“日常の中にハッピーがあること”を教えるため、メリーは美しい魔法を使い、お風呂を大冒険に変える。いつもは厳しいメリーだが子供たちの笑顔を取り戻すため、とってもハッピーでワクワクが詰まった夢の世界に連れて行くシーンとなっている。

エミリーは多くの歌を劇中で披露している。エミリーはこれまで『イントゥ・ザ・ウッズ』でも美声を披露していたが、本格的なミュージカルは初挑戦。本作の楽曲制作の段階から関わり、歌のトレーニングを受け、音域を広げてメリー・ポピンズの“歌声”を作っていった。エミリーは「私はジュリー・アンドリュースのようには歌えないし、彼女の声も持っていない。だから、二人の歌の先生に指導してもらって、メリー・ポピンズの個性溢れる声を作り上げたの。普段の声とは違う役としての声をいかにして作りあげるかという挑戦だったわ」と徹底的な役作りをしたそう。

ロブ・マーシャル監督は「バンクス家の子供たちは母親を亡くし、普通の子供よりも早く大人にならなければいけない状況なんだ。だからワクワクすることや想像することの楽しさを忘れてしまっている。そんな状況の中、メリー・ポピンズがやって来るんだ。メリー・ポピンズは魔法を使い、子供達がお風呂に入ることを嫌がっても、それをワクワクする大冒険に変えてしまう。メリー・ポピンズは日常の中にあるハッピーに気付かせてくれて、そういう所が僕は大好きなんだ」と語っている。映画は2019年2月1日(金)より全国ロードショー。

(C)2018 Disney Enterprises Inc.

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >